おしゃれなガーデニングや花苗寄せ植えの通販なら【tef*tef*】
 




HYDRANGEA



ヤマアジサイと西洋アジサイを交配した新品種です。
完全に開花すると中心部が白く赤い縁取りのコントラストが見事。
ヤマアジサイとの交配なので多花性の特徴があり、大変花付きがよく露地植にすると見事です。


 
山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』 山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』 山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』
山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』 山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』 山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』
拡大画像

山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』

【学   名】Hydrangea
【科属名】ユキノシタ科 アジサイ
【分   類】耐寒性落葉低木
【草   丈】50〜150cm
【耐寒性】強
【耐暑性】強
【日   照】日向
【開花期】5〜9月
【原産地】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部

<アジサイの育て方>
日本あじさいは、耐寒性がありますので、日当たりから半日陰まで栽培できます。
水遣り 鉢植えは、水切れにひじように弱いです。
土の表面が、乾きかける前にタップリと与えます。
梅雨明けからは、日に2回朝晩の水遣りが、必要です。

●花後の剪定 花が終わった直後が適期で、遅くとも7月末までには行います。
それよりも遅くなると、花芽ができにくくなります。
剪定は花が咲き終わった枝の上部3分の1まで切り詰めます。
あまり深く切り詰めると徒長枝が出て花芽がつきにくくなります。
また今年花がつかなかった枝は、伸び過ぎていなければそのままにしておきます。

●冬の剪定(2〜3月)  冬から早春にかけて、間引きの剪定をします。
花芽のできない細い枝や、よい新梢が数多くある場合は前年に花をつけた古枝もつけ根から切り除きます。
こうすると花芽のある良い枝に栄養が集中し良い花が咲きます。
ただし、冬の剪定では、当然のことながら残した枝については枝先を絶対に切り詰めてはいけません。

  • PRODUCE:

  • CODE:6号鉢

  • POINT:39P

  • ARRIVAL DATE:2017/4/17

  • PRICE:3,980 yen (税込4,298 円)

  • QUANTITY :
          ×品切れ

トップ > Flower Species > アジサイ > 山あじさい交配種 『アジアンビューティBENI』



                      Webショップに掲載されている、画像データ、文章などは著作権および財産権は、株式会社foo.chaに帰属し、

                      著作権法に認められる以外サイト管理者に無断での使用、転載を一切禁止します。

                      当園に無断にて他の媒体に引用転載し著作権を侵害した場合には、個人・法人にかかわらず罪と賠償責任を免れない場合があります。

                      「公益社団法人 著作権情報センター(CRIC)」 http://www.cric.or.jp/

ページトップへ



Copyright (c) Junk sweet Garden tef*tef* all rights reserved.