おしゃれなガーデニングや花苗寄せ植えの通販なら【tef*tef*】
 




CLEMATIS JAPONICA THUNB


ハンショウヅルは日本原産の原種クレマチスで、
本州・九州に自生する落葉性のつる植物で林床の木陰や林の縁に生えます。

釣鐘型のおとなしめで風情があり山野草として趣があります。
剪定は枝先だけの弱剪定で、夏までに剪定を終えるのが花つきをよくするポイント。
鉢植えやフェンス、あるいは樹木にからませると自然な雰囲気で似合います。


 

クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』
クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』 クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』
クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』
拡大画像

クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』

【学   名】Clematis japonica Thunb
【科属名】キンポウゲ科センニンソウ属
【分   類】耐寒性宿根草
【草   丈】50〜120cm
【耐寒性】強
【耐暑性】強
【日   照】日向〜やや半日陰
【開花期】4〜6月
【原産地】日本

<ハンショウヅルの育て方>
春〜秋の生育期はよく日の当たる場所で。
冬に葉が枯れた後は霜や寒風を避けた日陰で。
水遣りは土の表面が乾いたらたっぷりと。
冬は葉を落として休眠状態に入るが根は生きてるので同様に水やりを。
花後と秋の年2回、固形の有機肥料を置きます。
<ハンショウヅルの剪定>
・花後の剪定:1〜2節切る弱剪定。但し、枝が混んできときは8月までに、充実した枝を残して剪定する。
・2月の剪定:花芽がついているので、枯れた細い枝や芽吹きの悪い古枝を取り除く程度でよい。
・花のつき方:旧枝咲き、早咲き。前年に伸びた枝の節か新芽が1〜4節伸びて花が咲く。どちらかと言えば一季咲きの性質が強い。

  • PRODUCE:

  • CODE:5号鉢

  • POINT:16P

  • ARRIVAL DATE:2017/5/4

  • PRICE:1,680 yen (税込1,814 円)

  • QUANTITY :
          △残りわずか

トップ > 花苗 > クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』
Flower Species > クレマチス > クレマチス・ジャポニカ 『ハンショウヅル』



                      Webショップに掲載されている、画像データ、文章などは著作権および財産権は、株式会社foo.chaに帰属し、

                      著作権法に認められる以外サイト管理者に無断での使用、転載を一切禁止します。

                      当園に無断にて他の媒体に引用転載し著作権を侵害した場合には、個人・法人にかかわらず罪と賠償責任を免れない場合があります。

                      「公益社団法人 著作権情報センター(CRIC)」 http://www.cric.or.jp/

ページトップへ



Copyright (c) Junk sweet Garden tef*tef* ガーデニング雑貨・花苗 all rights reserved.